コロナウイルスの影響による第17回梅田大会の中止について

かねてより準備を進めておりました第17回日本高齢者虐待防止学会梅田大会(9月11日(金)市民公開講座、12日(土)学術大会)につきまして、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み慎重に検討を進めてきました結果、開催中止といたしました。

原稿の募集、抄録の配布についても予算の都合上、断念します。研究発表の場としては、通常通りに学会誌への掲載をご検討下さい。ご参加を予定されていた皆様、登壇を内諾頂いた方々には、ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

今後の大会の開催につきましては、ウィルス感染の収束状況、社会情勢と参加者希望者の声を踏まえ、来年度大阪での開催を模索いたします。情報はホームページにて順次お知らせいたします。

日本高齢者虐待防止学会 理事長 池田直樹
第17回日本高齢者虐待防止学会梅田大会 大会長 濱田和則

開催報告「第16回日本高齢者虐待防止学会 蒲田大会」

2019年9月7日、東邦大学看護学部(東京都大田区)にて、日本高齢者虐待防止学会蒲田大会(大会長 岸恵美子)を開催しました。前日の市民公開講座は81名、大会当日は461名が参加し、盛況のうちに終了いたしました。

2020年度第17回大会は、9月12日(土)、宝塚大学看護学部 大阪梅田キャンパス(大阪府大阪市)にて開催予定です。テーマは「高齢者虐待を防止するケアサービスのガイドライン(仮題)〜高齢者の尊厳を支えるケア〜」、大会長は濱田和則評議員(社会福祉法人晋栄福祉会)です。(コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、第17回梅田大会は中止となりました。2020.4.14 学会事務センター記)

続きを読む

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会 盛会の御礼

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会は、多数の皆様方にご参加いただき、盛会のうちに終了致しました。

参加者の皆様、ご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会
 大会長 岸 恵美子

第16回蒲田大会 インターネットおよびFAXお申し込みは8月26日(月)まで

日本高齢者虐待防止学会 第16回蒲田大会(9月7日)のインターネットからのお申込み、FAX申し込みは8月26日(月)までとなります。
以降は当日の受付となります。多くの方にお申し込みいただいており、当日は混雑することが予想されます。この機会にぜひお申し込みください。

お申し込みはこちらから。

第16回蒲田大会演題応募は終了しました。事前参加申込みは7月31日まで。

第16回日本高齢者虐待防止学会蒲田大会の演題応募は終了いたしました。多くのお申込みありがとうございました。

参加申込み事前登録は7月31日まで受付しております。

参加申込みはこちらから。

ぜひご参加ご検討ください。どうぞ、よろしくお願いいたします。