高齢者虐待防止研究Vol.10,No1-高齢者虐待防止研究のあゆみと支援の現状ーを発刊しました

高齢者虐待防止研究Vol.10,No1-高齢者虐待防止研究のあゆみと支援の現状ーを発刊しました。

(主な内容)

特集1 高齢者虐待防止研究のあゆみと今後の課題
「高齢者虐待防止研究の10年のあゆみと今後の課題(医学系の観点から)」
 小野ミツ(九州大学大学院医学研究院保健学部門看護学分野)
「高齢者虐待とエルダーミストリートメント」
 和田忠志(医療法人社団 実幸会 いらはら診療所)

 特集2 養護者による高齢者虐待の実態と支援の現状
「都市部における高齢者虐待の被虐待者と養護者の実態と課題;個別事例調査」
 桝田聖子、津村智恵子、臼井キミカ(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科)
「事例からみた養護者支援の実態と課題;個別養護者支援」
 桝田聖子、津村智恵子、臼井キミカ(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科)
「都市型自治体における高齢者虐待防止・早期発見のための行政サービスの実態と課題;行政調査」
 桝田聖子、津村智恵子、臼井キミカ(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科)
「高齢者虐待の防止と地域の取り組み;愛知県大府市と東浦町の取り組み」
 遠藤英俊(国立長寿医療研究センター内科総合診療部)
「愛媛県松前町における高齢者虐待防止の取り組み」
 畑中真里(松前町地域包括支援センター)
 第10回日本高齢者虐待防止学会愛媛大会大会長講演 山本克司(聖カタリナ大学)
 原著論文(4)、調査報告(6)、実践報告(1)、書評(3)他

学会誌のご購入は、学会誌ページより注文票をダウンロードいただき事務センターにお申し込み下さい。

ニューズレター通巻14号を発刊しました

年間2回、会員様向けに発刊しているニューズレターを発刊いたしました。通巻14号の主な内容は以下のようになっております。
(主な内容)

通巻第14号に寄せて 「独創性と共同性」 
 瀧澤利行(茨木大学教育学部教授 理事)
第11回 日本高齢者虐待防止学会横浜大会
第10回 日本高齢者虐待防止学会愛媛大会報告
 愛媛大会事務局長 陶山啓子(愛媛大学院看護学専攻)
シリーズ「高齢者ケアと災害」4
東日本大震災による福島県双葉町集団避難と埼玉県加須市の3年間の支援
~加須市保健師へのインタビューによる活動の経過報告~
 間下知子(埼玉県加須市健康づくり推進課副参事兼加須保健センター副所長)
理事会・委員会だより
日本高齢者虐待防止学会創立10周年記年誌・前理事長多々良紀夫先生追悼集編集委員会委員長 塚田典子(日本大学)
選挙管理委員会委員長 吉岡幸子(埼玉県立大学)

 

『擁護者の高齢者虐待防止に至る背景要因と専門職支援の実態と課題』の報告書をアップしました

日本高齢者虐待防止学会・朝日新聞大阪本社共同事業『擁護者の高齢者虐待防止に至る背景要因と専門職支援の実態と課題』の報告書をアップしました。
平成25年度 日本高齢者虐待防止学会・朝日新聞大阪本社共同調査事業報告書『擁護者の高齢者虐待に至る背景要因と専門職支援の実態・課題』

日本高齢者虐待防止学会とは

日本高齢者虐待防止学会は、高齢者虐待防止に関する学際的及び実践的活動の研究・教育の発展を図り、人々の健康と福祉に貢献することを目的として設立されました。