学会会則

第1章 総則

第1条 本会は日本高齢者虐待防止学会(Japan Academy for the Prevention of Elder Abuse)と称する.

第2条 本会の事務局は,理事長の定めるところとする.

 

第2章 目的及び事業

第3条 本会は,高齢者虐待防止に関する学際的及び実践的活動の研究・教育の発展を図り,人々の健康と福祉に貢献することを目的とする.

第4条 本会は,第2条の目的を達成するために次の事業を行う.
一.学術集会の開催
二.会誌等の発行
三.調査研究活動の推進
四.その他、本会の目的達成に必要な事業

 

第3章 会員

第5条 本会の会員は次のとおりとする.
1.正会員
2.賛助会員
3.名誉会員
4.学生会員
5. その他、本会が承認した者

第6条 正会員とは,本会の目的に賛同し,高齢者虐待防止について研究する者または実践活動に携わる者,及び研究・実践に関心をもつ者で,理事会の承認を得た個人をいう.

第7条 賛助会員とは,正会員以外で本会の目的に賛同する個人または団体で,理事会の承認を得て,賛助会費を納めた者とする.

第8条 名誉会員とは,本会の発展に多大な寄与をした者の中から,理事長が理事会及び評議員会の議を得て総会に推薦し,その承認を得られた者とする.

第9条 正会員は,総会に出席し議決権を行使することができる.

第10条 正会員は,会誌に投稿し,学術集会で発表し,かつ会誌等の配布を受けることができる.

第11条 学生会員は、本会の目的に賛同し、高齢者虐待に関する実践、教育、研究に関与 したいと考えている学生で、所定の会費を納入した者とする。

第12条 本会に入会を希望するものは,住所,氏名等を明記した日本高齢者虐待防止学会 入会申込書を,会員1名の推薦を受けた上で,本会事務局に提出するものとする.

第13条 本会に入会を認められた者は,年会費を納入しなければならない.年会費は細則によって定める.

第14条 正当な理由なく会費を2年以上滞納した会員は,退会したものと認める.

第15条 既納の会費は,いかなる理由があってもこれを返却しない.

第16条 退会を希望する会員は,理事会へ退会申込書を提出しなければならない.

 

第4章 役員等の選出

第17条 本会には次の役員をおく.
1.理事長     1名
2.副理事長    2名
3.理事      10名
4.監事      2名
5.評議員     35名
6.顧問・特別会員 若干名

第18条 本会に若干名の功労会員をおくことができる.顧問・特別会員,功労会員は理事会の承認を必要とする.

第19条 「役員選出に関する規約」を別途定め,役員はこれに基いて選出される.

第20条 理事長は,本会を代表し会務を統括する.副理事長は,理事長を補佐し,理事長 に事故あるときはこれを代行する.

第21条 理事は理事会を組織し,会務を執行する.

第22条 監事は本会の会計及び資産を監査する.

第23条 本会に35名の評議員をおくことができる.評議員は選挙により総会で決定する.評議員は評議員会を組織し,重要会務を審議する.

第24条 役員の任期は3年間とし,再任を妨げない.

 

第5章 会議

第25条 総会は毎年一回理事長の召集により行う.ただし,会員の5分の1以上から請求 があったときおよび理事会が必要と認めたときは,理事長は臨時に総会を開催しなければならない.
2. 総会は正会員の10分の1以上の出席がなければ議事を開き議決することはできない.

第26条 理事会は必要により理事長が招集する.

第27条 評議員会は毎年1回,理事長の召集により行う.

 

 第6章 学術集会

第28条 本会に学術集会会長をおく.

第29条 学術集会会長は理事会の推薦による.学術集会会長は学術集会を主宰する.

第30条 学術集会会長の任期は1年とし,原則として再任は認めない.

第31条 学術集会は年1回開催する.

 

 第7章 会誌等

第32条 本会は年1回以上会誌を発行する.

第33条 会誌の編集は,編集担当の理事をおき,編集委員会がこれに当たる.
2.編集委員会については別に定める.

 

 第8章 会計

第34条 本会の会計年度は毎年4月1日にはじまり翌年3月31日に終わる.

第35条 本会の会計は,会費その他の収入をもってこれに当てる.
2.本会の予算および決算は,評議員会および総会の承認を受け,会誌に掲載しなければならない.

第36条 学術集会の会計は,独立会計とする.
2.学術集会の費用は,原則として学術集会参加費をもって充当するものとする.
3.学術集会の決算は,理事会に報告しなければならない.

 

 第9章 会則の変更

第37条 本会の会則を変更する場合は,理事会および評議員会の議を経て総会の承認を必要とする.

 

附則

第1条 本会の会費は、年8,000円とする.
2.学生会員の会費は4,000円とする.
3.賛助会員は1口20,000円とする.

 

付記

第1条 本会の運営に必要な事項は細則に定める.
第2条 本会則は平成15年8月9日より施行する.
第3条 本会則は平成18年7月1日に改正した.(附則第1条3項)
第4条  本会則は平成22年7月3日に改正した.