2017年 高齢者虐待防止学会主催研修会のお知らせ

目的

高齢者虐待防止に資するため、高齢者虐待防止に関心のある専門職および行政担当者向けに、実践力向上を支援することを目的とした研修を行います。

日程など

日時2017年7月16日(日)10:00~16:30
会場森のホール21 レセプションホール(千葉県松戸市千駄堀646-4)
テーマ1 高齢者虐待における法的課題と法律専門職との連携
2 共依存と介入拒否~事例を通して、多職種との連携を演習方式で学ぶ
対象高齢者虐待防止に関心のある専門職および行政担当者等
定員60名(先着順)*定員になり次第募集は終了いたします。
参加費会員3,000円、非会員4,000円 
お弁当(希望者のみ)1,000円
申し込み方法事前申し込み・事前振り込みが必要です。下記の「参加申込フォーム」にご入力いただくか、「FAX申込書」をダウンロードして事務センター宛にFAXでお申し込み下さい。後日、学会事務センターより参加証をお送りいたします。
備考*指定期日までに入金できない場合や申込内容に変更のある場合は、必ず学会事務センターにご連絡ください。ご連絡がなく入金が確認できない場合は、キャンセル扱いとなる場合がありますので、予めご了承ください。
*参加者の皆様には受講証明書を終了後、お渡しします。
お問合せ・申し込み学会事務センター・NPO法人シルバー総合研究所
〒338-0812 埼玉県さいたま市桜区神田313-1 B105 
電話 048-711-7144 
FAX 050-3737-4902
E-mail info-japea@silver-soken.com

プログラム

時間形式内容講師
10:00~10:10開会式とオリエンテーション
10:10~10:40講義「市区町村・地域包括支援センターへの期待~学会と朝日新聞との合同調査から」
目的:合同調査結果のデータを通して、今求められる市区町村・地域包括支援センターをめぐる支援課題の最新の動向を学ぶ
臼井キミカ
(人間環境大学)
10:40~11:10講義「高齢者虐待における法的課題と法律専門職との連携」
目的:リーガルアプローチについて理解し、連携の必要性を学ぶ
滝沢香
(東京法律事務所)
11:10~12:40演習

Q&A
「高齢者虐待における法的課題と法律専門職との連携」
目的:法的課題の事例及び法律専門職との連携を演習方法で学ぶ

★法律関係のQ&Aコーナー
 参加者から法律専門職への質問タイム
担当:池田直樹・滝沢香・田中勇・芳賀裕
山口光治
(淑徳大学)
岸恵美子
(東邦大学)
山本克司
(修文大学)
12:40~13:40休憩昼食・休憩(60分)
13:40~14:10講義「共依存の理解」
目的:共依存とそれをめぐる課題(介入拒否等)について理解する
松下年子
(横浜市立大学)
14:10~16:15

*休憩あり
演習

Q&A
「介入拒否の事例を学ぶ」
目的:介入拒否事例を通して、多職種との連携を演習方式で学ぶ
★看護・医療関係のQ&Aコーナー
担当:臼井キミカ・岸恵美子・松下年子・和田忠志
小長谷百絵
(上智大学)
吉岡幸子
(帝京科学大学)
16:15~16:30閉会式 
*終了後、参加証明書配布・事務連絡・アンケート記入等
ファシリテーター:池田 直樹、柴尾 慶次、田中 勇、塚田 典子、山田 祐子、和田 忠志、芳賀 裕
Posted in 学会お知らせ.