活動報告「どうする?セルフ・ネグレクトの人への支援–ゴミ屋敷、孤立、サービス拒否の人に地域で何ができるか-」

セミナー報告

セルフ・ネグレクトの法制度化を視野に入れ、いわゆる「ごみ屋敷」に住む人、サービスを拒否する人、地域から孤立している人の実態と背景・要因を理解し、どのような支援が必要なのかを討論するための、「どうする?セルフ・ネグレクトの人への支援–ゴミ屋敷、孤立、サービス拒否の人に地域で何ができるか-」が2017年3月25(土)に開催され74名の方が参加されました。


セミナー詳細

セミナー名『どうする?セルフ・ネグレクトの人への支援~ゴミ屋敷、孤立、サービス拒否の人に地域で何ができるか』
日時2017年3月25日(土)13:00~16:00(12:30開場)
場所上智大学四谷キャンパス2号館4階414
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
演題等座長:日本高齢者虐待防止学会 池田 直樹(理事長),岸 恵美子(理事)

1.「いわゆる「ごみ屋敷」に住む人への支援-地域包括支援センターの立場から」
  北区十条高齢者あんしんセンター センター長 島崎 陽子      

2.「いわゆる「ごみ屋敷」に住む人への対応-民間事業者の立場から」
  株式会社まごのて(特殊清掃・遺品整理専門) 代表取締役 佐々木 久史

3.「いわゆる「ごみ屋敷」に住む人への対応-行政の立場から」         
  横浜市健康福祉局地域福祉保健部 福祉保健課人材育成担当課長 嘉代 佐知子

4.「いわゆる「ごみ屋敷条例」の制定・運用の実態と課題」     
  関東学院大学法学部教授(関東学院大学副学長) 出石 稔    

5.セルフ・ネグレクトの法制度化に向けて
  日本高齢者虐待防止学会 法制度推進委員会委員長 滝沢 香

質疑応答と討論                          
まとめ
参加者高齢者ケアに携わる専門職および行政担当、一般の方 74名
Posted in セルフネ・グレクト特定委員会.