高齢者虐待防止研究Vol.10,No1-高齢者虐待防止研究のあゆみと支援の現状ーを発刊しました

高齢者虐待防止研究Vol.10,No1-高齢者虐待防止研究のあゆみと支援の現状ーを発刊しました。

(主な内容)

特集1 高齢者虐待防止研究のあゆみと今後の課題
「高齢者虐待防止研究の10年のあゆみと今後の課題(医学系の観点から)」
 小野ミツ(九州大学大学院医学研究院保健学部門看護学分野)
「高齢者虐待とエルダーミストリートメント」
 和田忠志(医療法人社団 実幸会 いらはら診療所)

 特集2 養護者による高齢者虐待の実態と支援の現状
「都市部における高齢者虐待の被虐待者と養護者の実態と課題;個別事例調査」
 桝田聖子、津村智恵子、臼井キミカ(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科)
「事例からみた養護者支援の実態と課題;個別養護者支援」
 桝田聖子、津村智恵子、臼井キミカ(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科)
「都市型自治体における高齢者虐待防止・早期発見のための行政サービスの実態と課題;行政調査」
 桝田聖子、津村智恵子、臼井キミカ(甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科)
「高齢者虐待の防止と地域の取り組み;愛知県大府市と東浦町の取り組み」
 遠藤英俊(国立長寿医療研究センター内科総合診療部)
「愛媛県松前町における高齢者虐待防止の取り組み」
 畑中真里(松前町地域包括支援センター)
 第10回日本高齢者虐待防止学会愛媛大会大会長講演 山本克司(聖カタリナ大学)
 原著論文(4)、調査報告(6)、実践報告(1)、書評(3)他

学会誌のご購入は、学会誌ページより注文票をダウンロードいただき事務センターにお申し込み下さい。